読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味のこと、幸せのこと

ヤマギシで生まれた発達障害者が幸せについて本気だして考えてみた、というほどでもなく趣味についてやあれやこれや気ままに書くブログ

初めてのデジタルイラスト②

イラスト

初めてデジタルで描いた絵で自分の実力を知り、早速心折れかけましたがこれくらいで挫折していては歩けないまま終わる赤子だ、というわけでもうちょっと上手になれるようベイビーステップで頑張ろうと思います。

 

2回目に描いた絵がこちら

f:id:aitakasaki:20161017173439j:plain

 

ふう、少しはマシになりましたかね。まずは

ペンタブで自分の思ったように線を引けるようになる

というのを目標にしまして、青→赤→緑の順番で下に描いた線をなぞっていきました。

少しやってわかったんだけど、ペンタブの方を見て絵を描くのではなく、ひたすらPCのモニター、つまり絵の方を見つめて線を引く方がうまく描ける感じです。

紙に絵を描いていた時のくせでついペンタブ(描いているところ)を見てしまいそうになるんですが、絵を見ず絵をかけるか!ということですかね。

そしてこれはペンタブの筆圧テストで描いた絵なんです。

気づいたんですけど、pixiaよりよっぽど筆圧テストの方が描きやすくない?

Pixiaは線の太さを一度選んだら筆圧で線の太さ、濃さを変えることができません。「はらい」のような線も引けませんし。

でも、筆圧テストは筆圧を感知して線の太さや濃さが変わるんですよ!当然髪先など徐々に細くなる線も描ける!

鉛筆とかで紙に描くのに近い描き心地で、すごく描きやすいです!pixiaなんていらんかったんや!

すみません、私がまだ使いこなせていないだけです。いつまでも筆圧テストのところで絵を描き続けるわけにはいかないし、もっとお絵かきソフトの機能を調べていかないと、自分の描きたい絵なんてなかなかたどりつけないです。

 

そしてもう一つ工夫してみたのが、タブレットに薄い紙を敷いてみました。

そうするとツルツルして描きにくかったのが紙に描いているように断然描きやすくなりました!

筆圧テストだからうまくいったのかもしれないけど、私には紙を敷いてやった方が描きやすいかもしれないです。

 

そしてその次に描いた絵がこちら

f:id:aitakasaki:20161017173235j:plain

本を読んでいる人のスケッチです。こっちはpixiaで描きました。紙を敷いてpixiaでもちゃんと描けますね、よかった。

え?もうこれだけ描けるなんて私もしかして素質あるんじゃない?

とすーぐ調子に乗るわたくし。

だいぶデジタルで絵を描くことに慣れてきた感じでだんだん楽しくなってきました。

どんなに下手だろうと楽しく絵を描けるっていいなあ。小学生の時とか笑っちゃうくらい下手だったけど、毎日楽しくノートに落書きしていたもんなあ、と懐かしい気持ちが蘇りました。

最初はただ楽しかった絵を描くことが楽しくなくなったのっていつからだっただろう?

自分より上手い人の絵をたくさん見て、自分の絵がへたくそ過ぎて「こんなんじゃダメだ」って思った時だったかなあ?

ある時「あそこまでは行けない」って自分の限界を決めてしまった時があったなあ。

 

とにかくまだまだ工夫や練習の余地ありまくりですが、それって伸びしろがまだまだあるということだね!とポジティブに考えることにして練習に励むことにします。

目標はできるだけ毎日1枚は絵を描くようにする、なにより上手い下手を気にせず楽しんで描く、でいこう。